日常の中のファンタジー

003-940x500

ファンタジーという言葉からどんなものをイメージしますか?

ロマン?冒険?夢の世界?

いずれにしても、何かワクワクして胸躍る世界をイメージするのではないでしょうか?

子供はそうしたファンタジーの世界が大好きです。

もちろん私もそうでした。

ところが、そうしてファンタジーの中に生きていた子たちもいずれ現実に引っ張り出されます。

仕方がないことです。
ずっと空想の世界で生きているわけにはいきません。

現実の世界でやるべきことをやらなくてはいけません。

学校に行ったり、勉強したり、友達と遊んだり、お手伝いをしたり。

そうして、やるべきことをやる大人になっていきます。
ファンタジーの世界を忘れ現実の世界に生きるようになっていきます。

仕方がありません。そうしないと生きていけません。

しかし、そうして大人になった私たちはというと・・・少し現実に追われすぎているような気がします。

確かに現実は厳しいことも多いし、大人たちはみんな頑張っています。

でも私たちの中にいる子供心は、大人になった今でもやっぱりファンタジーにワクワクしたがっています。
何か面白そうなものを探し続けています。

大人のファンタジー、そして日常の中のファンタジーをいかに描けるか。
ファンタジーとリアルの間でどんな物語を作ることができるか

それが問われているような、そんな気がしました。


無料コーチング体験会やってます。

コーチングに興味を持っていただいた方には、まず無料のコーチング体験会で実際のコーチングを体験していただくことをおすすめしています。
無料コーチング体験会は毎月実施していますので、都合の良い日時があればぜひお試しください。